1. TOP
  2. フロアランプ|400年の伝統技術を空間で味わう|KANAYA 高岡銅器

フロアランプ|400年の伝統技術を空間で味わう|KANAYA 高岡銅器


〜人と共に生きていくものづくり〜


ドラマでも使われるなど、お洒落なお部屋を演出してくれるアイテムとしても人気の『KANAYA製品』

人と日々が触れ合うことで、時間と共に独特の滑らかな感触が生まれ、真の美しさが溢れ出してきます。

KANAYA製品は購入時が完成形ではなく、「人と共に生きていく」をコンセプトに掲げたこだわりの製品です。

オフィスやご自宅で新しい感覚のKANAYA製品をお楽しみくださいませ。

価格(税込)
¥181,500 ~ ¥205,700

送料:

商品コード:
D0020750004-1 ~ D0020750004-2

数量 必須

お気に入りに追加
カートに追加しました。
カートへ進む

【フロアランプ HK+06】

デザインするときに、2つのライフスタイルを想定しました。

ソファやベッドの隣に置くと、読書灯になりますが、この時に必要なのは手元を照らす光だけではありません。

カップを置くテーブルとスマートフォンなどの小物や菓子類を入れるボウルがあれば、この一台でさらに楽しいひと時をサポートしてくれます。

アルミ鋳物の天板とボウルとフック、3本の足を固定する三角形は、研磨職人の手によるバイブレーション仕上げで、和紙のようなやわらかい表情を見せています。

支柱とシェードには、金属の錆をイメージさせる特殊な塗装に施しを。

脚は、オイルフィニッシュで木材の質感を活かしています。

アルミと木による素材色同士のマッチングの中に入る錆色のアクセントはKANAYAならではの特徴です。


サイズ:幅39cm×奥行43cm×高さ154.3cm

重さ:箱込重量約11.7kg

カラー:白錆/ブラック

素材・原材料

<天板・ボウル・ブラケット・シェード> アルミ鋳物

<脚> 木(ウォールナット)

<アルミパイプ・ソケットカバー> アルミ・ステンレス

生産地:日本

使用上の注意:組立を行う際は、必ず別紙の組立図面をご参照ください。人がぶら下がったりすると大変危険です。ご注意ください。屋内の水平な場所でご使用ください。変形・転倒の原因となります。引きずると床などにキズがつく恐れがあります。高温多湿な場所、直射日光のあたる場所でのご使用はおさけください。製品の変形や変色、カビの発生の原因となります。テーブルとボウルに重いものを載せたり、無理な力を加えたりしないでください。変形や破損の原因となります。


商品発送後の返品、返金は理由の如何を問わずお受けできません。

商品の発送時には万全にチェックをしておりますが、万一商品に疵・破損がある場合には、未使用の場合に限り交換をさせていただきます。 

お届けした商品一式をご返品いただいた後、良品を発送させていただきます。


商品詳細ミニコラム

高岡銅器発祥の地・金屋町

富山県高岡市金屋町

千本格子の町屋と石畳通り

高岡銅器の起源は1609年・400年の伝統産業

私たちは人々にとって本当に魅力的なものづくりを心掛けています

KANAYAは高岡銅器(富山県)の金属鋳造技術によるブランドです。

高岡銅器とは、1611年(慶長16年)加賀藩主、前田利長が街の繁栄を図るため、7人の鋳物師を高岡市金屋町に呼び寄せたことからはじまりました。

そして誕生から400年を迎えた2011年、13社の有志によりKANAYAは生まれたのです。

KANAYAでは丁寧に作り上げられる金属鋳物にデザインや機能を付加し、現代のライフスタイルにマッチした製品をご提案しています。

KANAYA製品はドラマなどでも使われるなど、お洒落なお部屋を演出してくれるアイテムとしても人気です。

<フロアランプの魅力>

KANAYAはテーブルとボウルがついたフロアランプをデザインするときに、2つのライフスタイルを想定。

はじめに、フロアランプをソファやベッドの隣に置くと、読書灯になりますが、この時に必要なのは手元を照らす光だけではありません。

カップを置くテーブルとスマートフォンなどの小物や菓子類を入れるボウルがあれば、この一台でさらに楽しいひと時をサポートしてくれます。

”ランプとしてだけではなく、テーブルとしても活用できる” 実用性に長けているところもこのフロアランプの魅力です。


洗練されたシンプルなデザインはシーンを選ばず、住居のエントランスやリビング、ベッドルームだけでなく、ホテルの客室や病院の個室などのプライベートな空間でもご活用いただけます。

<工程紹介>

高岡銅器は、自由で繊細な造形でしなやかでしっとりとした美しい鋳肌が特徴。

時間の経過とともにその表情や感触に深みがうまれ、奥に潜んでいた真の美しさが現れてきます。

まさに”人と共に成熟していく工芸品”です。

製造には、「原型づくり→鋳造→仕上げ加工→着色」という工程をたどり、どの工程においても熟練した職人の手技の粋が発揮されます。

それらが連携することにより、1つの造形美が生まれていくのです。

高岡は日本唯一の青銅器の産地として、茶器、花器、香炉、仏具から梵鐘、野外の大型ブロンズ像(銅像) に至るまで製造しています。



おすすめ商品

  • 知る人ぞ知る究極のチョコレート|Fuwan Chocolate...

    ¥6,264

    NEW
  • トレイテーブル|400年の伝統技術を空間で味わう|...

    ¥115,500 〜¥128,700

    NEW