1. TOP
  2. Story
  3. 学ぶ
  4. メイク=自分と向き合うこと 〜単なるメイクで終わらせない、”女性”としてのお勉強を提供したい〜

メイク=自分と向き合うこと 〜単なるメイクで終わらせない、”女性”としてのお勉強を提供したい〜

学ぶ

最新の記事を読む:「今だから言える」経験から学んだこと 〜ステップアップのヒントが散りばめられている〜


女性の変身願望をくすぐるこのプラン。ヘアメイクアップアーティストおぐねぇーは、もっと奥の深いかけがえのない体験を味わえるものだという。さっそくインタビューをしたが、メイクは奥が深い。


デライト編集部:実は会員様からのご要望がきっかけでこのようなプランが実現したのですが、一般の方にメイクする機会はよくあるんですか?


おぐねぇー:イベントで当たった人がたまたまというパターンはあるんですけど、それ以外ってなかなかない。個人に対してなかなか今までやってこられなかったので、すごく面白いと思う!朝の番組の影響もあって、僕は変身の人ってイメージが強いみたい(笑)。


「メイクは自分と向き合える貴重なツール」


デライト編集部:今まではプロの方にどこで、どうやってお願いしていいかもわからず、今回本当に初めての体験なのですが。


おぐねぇー:女の人ってすごく賢いし勉強熱心なのに、メイクのことっていつの時代も一度もちゃんと教わったことがなくて、そのまま何十年も過ごしてきちゃってる人が多いのが現実なんですよ。毎日するものなのにね。だから、一度ここで「今の正解はこれ!」としっかりとお勉強できる時間を設けるのは大事。メイクと向き合うってことは、鏡で顔を見るから自分との対話が始まっちゃうの。自分と向き合える貴重なツールだから、「人生の大切なお勉強」と言ってもいいんじゃないかな。


デライト編集部:なるほど。てっきりメイクって周りの人に見られるためにするものだと思ってました。


おぐねぇー:自分のためよ!自分がいかに気持ちよくなれるか。顔はお洋服とか髪型よりも一番重要なパーツ。そこと向き合うことをする人は、社会で頑張りたい・自信を持ちたいっていうパワフルな人が多い気がしますね。イベントでもそういう方がよく来られます。

女の人にはどこかしら変身願望があって、自分自身がちょっとバージョンアップするっていうのが大事な作業の一つなんだなっていつも思うんです。そうすると自信もつくし気分も良くなる。長い人生の中ですごくプラスになることよね。


「青春時代に覚えたメイクなんてとっくのとうに古い」


デライト編集部:でも実際はどうしていいかわからないって方が多いのでは?


おぐねぇー:今は10年でメイク道具がガラッと変わっている時代で、道具もどんどん進化しているし、求められている質感も変わってきてる。青春時代に覚えたメイクなんてとっくのとうに古くなってるの!みんな自分のやり方が古いってことには気づいているけど変えられないのよね。


デライト編集部:そこでおぐねぇーさんがズバッと教えてくれるわけですね。


おぐねぇー:異性から言われると腹が立つし、同性から言われると角が立つし(笑)。そのために私たちがいるのよ!メイクって実は心理学も入っていて、その人の弱点をさらけだしてちゃんと克服していくことによってメンタル的な部分も成長できるの。


デライト編集部:利用者は当日すっぴんで来た方がいいですか?


おぐねぇー:すっぴんの状態でお会いできれば、僕が固定概念なく一番似合うメイクの仕方や色味などを当てはめやすいですね。もちろんいつものメイクのまま来ていただければダメ出しもしますよ(笑)。

どちらにせよ、ポーチは必ず持ってきてもらいます。僕、ポーチ占いができるんです!


デライト編集部:ポーチで占いですか!?


おぐねぇー:メイクポーチを見るとその人の人生観が全部見えちゃうの。ポーチって人に見せないでしょ?不意打ちで開くと、砕けちゃったアイシャドウが入ってたり(笑)ブランド品で揃えてるとか・・・そこから生活感や性格がさらけだされちゃうので、僕はそこから紐解いていって、断捨離もさせながら足りないものを探していきます。だからメイクやスキンケアのことだけじゃなくて、選別や整理の仕方なども含めてのレッスンになるので、もっともっと深掘りしたパーソナルな悩みにも答えてあげられるかな。


デライト編集部:そんなにさらけだしていると、メイク以外のお悩み相談も多そうですね。


おぐねぇー:すごく増えちゃう!(笑)それこそタレントさんも、楽屋で二人きりでメイクしているとボロボロでてきますよ!誰にも話せなかったけど聞いてもらいたくてって。気づいたら横に座ってじっくり話してたり(笑)。

なんかトゲがとれるんでしょうね、そこも取り除いて楽しく笑い合いながら仕上がっていく時間の過程が特別になるんです。


「お金で買えない付加価値がここに詰まっている」

デライト編集部:そっと背中を押してくれるんですね。


おぐねぇー:みんななかなか怖がって言わない人が多いでしょ?「その髪型似合わないと思う」とか「分け目こっちじゃない?」なんて言えないでしょ(笑)。でも僕はなんでも遠慮なく言ってあげられるので。顔のコンプレックスでも恋愛でも話していいよって受け皿を用意してますよ。

ただメイクしてさよならではなくて、その二つも三つも先まで共有できる時間を作りたいし、きっと一生の財産になると思うんです。


デライト編集部:特別な体験ができるなんて、期待に胸が膨らみますね!


最新の記事を読む:「今だから言える」経験から学んだこと 〜ステップアップのヒントが散りばめられている〜

このStoryで紹介された商品

  • 女子力UP!おぐねぇーの大人かわいいプ...

    ¥495,000

  • おぐねぇーのプライベートメイク講座

    ¥605,000

  • 【法人のお客さま】おぐねぇーのビジネ...

    ¥660,000