1. TOP
  2. Story
  3. 感動する
  4. 個性とセクシーの結晶「バロックパール」~全く同じものには二度と出会えない、不揃いの美しさを身に纏う~

個性とセクシーの結晶「バロックパール」~全く同じものには二度と出会えない、不揃いの美しさを身に纏う~

感動する

 「バロック」という言葉を聞いて、バッハやヘンデルという音楽家の名前がすぐ浮かぶ方も多いのではないでしょうか。音楽では特に広く認識されていることと思いますが、美術、建築、文学など他の芸術分野でも広く使われており、16世紀半ばから18世紀半ばまでの文化概念を指す言葉です。このバロック、もともとはポルトガル語・スペイン語のBAROCCO(バローコ=歪んだ真珠)に由来しています。


 養殖真珠がなかった時代には、丸い真珠が美しい、価値が高いものとされてきました。これだけ養殖技術が進み、どこにいっても丸い真珠ばかりあふれてくると、いよいよ天然の希少性の高いバロックパールに人気が集まり始めました。綺麗に整えられた形を美しいと思うのは自然なこと。整然とした美しさは時に清らかさを演出しますが、飽きてしまうこともあります。しかし唯一無二の形状の真珠が集められ、美しくまとまったアクセサリーは、二つは同じものが作れないあなただけのものであるとともに、ふぞろいの物が美しさを醸し出した時、それはこの上なく、飽きない美しさと個性的なセクシーさを醸し出します。


 ただ難点は、質の良いバロックパールを集めるのには偶然の出会いと確かな目利きが必要とされますから、多くを生産することはできません。また一粒でも十分な個性を出すバロックパールを幾つか集めてデザインするには、ここにも相応の偶然とデザインセンスが必要とされます。この難しい仕事を成し遂げる匠が、伊勢に本拠地を置く株式会社パールファーイーストの出口氏。タヒチ・オーストラリア・インドネシア・日本国内の真珠生産地より真珠素材を仕入れ、オリジナルパールジュエリーをデザイン製作しています。「より多くの人がもっと自由に、楽しく、セクシーに、自分だけの真珠を自分らしく身に着けるお手伝いができるのではないか。」というポリシーに真摯に向き合い、類い稀なる作品を発表してきています。たくさんは作れないという点は解決しませんが、彼の希少な作品を手にした時の喜びはひとしおです。


 私は彼のアトリエで出会ったブレスレットを購入しましたが、第一印象は、ユニセックスで男性がつけてもいやらしくなく、むしろ引き締まるような印象を持ち、女性がつけると甘くないセクシーさを感じさせる、といったものでした。ありきたりではない、でもセクシーなその個性的なアクセサリーを見つけ、身にまとった人の内面を見てみたい、そんな風に思わせる力があるのではないでしょうか。 一見、金属であるかのようにも見えますが、よく見るとそれはパール。さりげなく普通のアクセサリーを付けているようで、実は気品のあるレアなパールを付けているというさりげない贅沢感。是非一度味わっていただきたいと思います。

このStoryで紹介された商品

  • PFE TAKASHI DEGUCHI The Baroque Necl...

    ¥946,000

  • PFE TAKASHI DEGUCHI Tahiti Tahiti Ne...

    ¥572,000

  • PFE TAKASHI DEGUCHI 黒蝶バロックパー...

    ¥72,600

  • PFE TAKASHI DEGUCHI 黒蝶真珠無核ケシ...

    ¥220,000

  • PFE TAKASHI DEGUCHI 黒蝶真珠無核ケシ...

    ¥105,600

  • PFE TAKASHI DEGUCHI K18スパイダー黒...

    ¥242,000