1. TOP
  2. Story
  3. 楽しむ
  4. 最新のスター・ウォーズ ウォッチ~限定200本、マニア心をくすぐる逸品~

最新のスター・ウォーズ ウォッチ~限定200本、マニア心をくすぐる逸品~

楽しむ

スター・ウォーズ ファンの待ち焦がれた新作とともに、昔の作品をこのタイミングで見直す方も多くいらっしゃると思います。そこで誰もが直面する問題が「どの順番に見直すか」。結局一番初めに公開されたエピソード4からスタートして公開順に見てしまうことが多いのですが、完成度の高いストーリーに、さらに見る側のイマジネーションを掻き立てて利用し、解釈を完成させる作品であると個人的に勝手に思っています。誰にでもその人にとってのスター・ウォーズがありますよね。

そんな私も子供のころから多くのスター・ウォーズ グッズを手にしてきました。子供心にチューバッカの人形を親戚の兄から誕生日プレゼントでもらった時はあまりうれしくなかったのですが、(C-3POかダース・ベイダーが良かったという気持ちとともに)今となっては宝物です。

オトナになるとちょっと高価なグッズにも目が行くようになります。ミレニアム・ファルコンのドローンや大き目のフィギュア、そして時計。今回はマニアックな最新のスター・ウォーズ ウォッチをご紹介します。

これまでスター・ウォーズ仕様の腕時計は数多く発売されてきましたが、今年発表されたのはUNODONE社のスター・ウォーズ・シリーズ。

本来はカスタマイズ時計メーカーで、WEB上で複数のパーツから自分好みの時計を作り上げるサービスを提供している同社ですが、ムーミンやトイ・ストーリー等、色々なコラボレーション・モデルも手掛けてきています。スター・ウォーズの新作公開に際し、UNDONE社はこれまでに8種類のスター・ウォーズ限定モデルをリリースしてきています。そして、さらに今回は、ダース・ベイダー、R2-D2、デス・スター、ミレニアム・ファルコンの4モデルで、各200個のみ限定生産のリミテッド・モデルとして、ハイエンド版がリリースされました。

ハイエンド版のR2-D2モデルでは、文字盤にあえて色を使わずに凹凸のみでR2-D2が表現されていて、よく見たらキャラクターがいる!という面白い仕上がりになっています。機能面では、100m防水の自動巻機械式で、フルリザーブ状態で40時間駆動するSEIKO NH35を採用。フレームに使用されている316Lステンレスは医療用のメスなどにも利用されている耐摩耗性や耐腐食性に優れている素材です。

また、ダース・ベイダー・モデルでは3D加工の文字盤が使用されており、立体的なダース・ベイダーの姿を楽しむことができます。所々に彼のライト・セイバー カラーであるレッドを入れてワンポイントになっており、蓄光加工された針は夜光で輝きます。背面はガラスにダース・ベイダーが描かれたデザインになっています。

どれも、しっかりとマニアックに仕上がっていますので、スター・ウォーズ コレクションのひとつに加えてみてはいかがでしょうか。また、この時期、プレゼントにしても喜ばれる一品かと思います。

このStoryで紹介された商品

  • UNDONE スター・ウォーズ R2-D2(SW-AL002)

    ¥59,400

  • UNDONE スター・ウォーズ ダース・ベイ...

    ¥48,400

  • UNDONE スター・ウォーズ デス・スター(...

    ¥39,600

  • UNDONE スター・ウォーズ ミレニアム・...

    ¥39,600