1. TOP
  2. 【転写紙で絵付け】陶芸家 前田正博氏のアトリエで体験する絵付け体験

【転写紙で絵付け】陶芸家 前田正博氏のアトリエで体験する絵付け体験

都心のアトリエで楽しむ、転写紙を使用した絵付け体験を。

~器に転写紙で絵付け体験~
所要時間:120分
ご利用人数:1~10名様

ご予約はご希望日の3か月前から1週間前まで承っております。
※ご予約日の3日前以降のキャンセルはキャンセル料が発生いたします。

価格(税込)
¥13,200 ~ ¥132,000

送料:

商品コード:
D0003550001-01 ~ D0003550001-10

数量 必須

予約人数 必須
第一予約希望日時 必須
第二予約希望日時 必須
第三予約希望日時 必須
お気に入りに追加
カートに追加しました。
カートへ進む

プラン詳細

器に転写紙で絵付け体験 120分

白地の器、数種からお好みの物に赤、青、黄、緑、黒、グレー、ピンクの転写紙を使い、カットしたり、ちぎって絵付けを施します。

除外日   特になし

服装    汚れてもよい服装でお越しください

貸出道具  エプロン

特典    アトリエで前田正博氏の作品を希望される場合、優待価格でご購入いただけます

<施設基本情報>

所在地
東京都港区六本木3-5-7
バリアフリー対応
なし
電話番号  
03-3586-1205
服装
汚れてもいい服装
営業時間
平日  10:30〜20:00
土日祝 10:30〜20:00
準備いただくもの
なし
定休日     
特になし
貸出道具
エプロン
アクセス
東京メトロ 日比谷線「六本木」駅より徒歩約7分
東京メトロ 南北線「六本木一丁目」駅より徒歩約6分
お子様のご利用

5歳よりご利用いただけます
無料駐車場
なし
キャンセル
キャンセルポリシーは下記に準じる
収容人数
10人
外国語対応
不可
送迎
なし

キャンセルポリシー

3日前以降キャンセル代金の100% 

                       



商品詳細ミニコラム




前⽥正博⽒のプロフィール

1948年 京都府久美浜町⽣まれ

1975年 東京藝術⼤学⼤学院美 術研究科 陶芸専攻修了

1988年 第35回⽇本伝統⼯芸展 奨励賞 受賞

2005年 第1回菊池ビエンナーレ展 優秀賞 受 賞

           六本⽊磁器倶楽部 開催

2007年 前⽥正博⾊絵磁器展(アサ ヒビール⼤⼭崎⼭荘美術館)

2009年 ⾚・⿊・⾦・銀・緑・⻘ 前⽥正博の⾊絵展(菊池寛実 記念 智美術館)

           第56回⽇本伝統⼯芸展 ⽇本⼯芸会総裁賞 受賞

2010年 第17回岡⽥茂吉賞展 MOA美術館賞 受賞

2011年 ⽇本陶磁協会賞 受賞

2013年 「カラフル×モノクロ 前⽥正博×⽇本画」展(佐野市⽴吉澤記念美術館)

2015年 第6回創造する伝統賞 受賞 (⽇本⽂化藝術財団)

2016年 前⽥正博磁器研究所 開催(横浜⾺⾞道)

2017年 第37回伝統⽂化ポーラ賞 優秀賞 受賞( ポーラ伝統⽂化振興財団)

2019年 第68回神奈川文化賞 受賞(神奈川県・神奈川新聞社)

⽇本⼯芸会常任理事

茨城県⽴笠間陶芸⼤ 学校顧問


作⾵

⾊絵磁器 〜圧倒的な造形美と彩⾊技術〜

⼀⾒、陶器のようにも⾒える作品は緻密に計算され た⾊絵磁器であり、⾮常にシャープで⾼い存在感を放っ

ています。

ウルトラ・ モダンなシェイプとポップな彩⾊。どこか素朴でゴージャス・・・。

幾重にも重なる繊維層の市松⽂様の肌が全体の重厚さを引き締め、相対する要素を調和させています。

轆轤引きされた真⽩な磁器素地を削り、⼿作業で地道にマスキングされ、洋絵具で緻密に絵付され た後

に焼成します。

この丹念な作業が実に5回以上も繰り返され、奥⾏きのある複雑な表⾯効果が現れます。

これこそが前⽥正博の様式であり、唯⼀無⼆のスタイルです。

そのユーモアに満ち、繊細な⼈柄も伝わる作品が⽣み出される根底にあるのは、“モノ”への究極のこだわ

り。その興味と審美の対象は洋の東⻄を問わず、器だけの世界にとどまることなく、⽒の作品はあらゆる⾼

感性造形の集⼤成であることが感じられます。

決して、奇を衒っただけの器ではなく、⽇常の 使⽤と展⽰で愉しめる実⽤性を持っている点も⾒事。

⽇々都会的感性を磨きながら作品作りに取り組んでおり、今後も国内外で⾼い評価を得ることは必⾄です。